伊能忠敬没後200年企画展示『伊能忠敬―人生を二度生きた男―』開催のお知らせ

伊能忠敬没後200年企画展示『伊能忠敬―人生を二度生きた男―』開催のお知らせ

内容

 歩いて日本を測量し、正確で近代的な地図を記したことで知られる伊能忠敬。
 人生50年といわれた江戸の時代に、55歳から達成した偉業でした。
 近年ではその偉業だけでなく、伊能家を再興させた経営者として、地域に尽力
 した半生にも注目が集まっています。
 中野区立中央図書館では、伊能忠敬没後200年という節目の年に、企画展示
 『伊能忠敬―人生を二度生きた男―』と題しまして、伊能図や図書館所蔵の
 貴重な資料を展示するとともに、伊能忠敬の人物像とその人生の足跡をたどります。
 皆さまのご来館をお待ちしています。

展示期間 平成30(2018)年5月26日(土)~7月26日(木)
休館日 6月11日(月)~15日(金)、25日(月)、29日(金)、7月9日(月)
展示場所 中野区立中央図書館 地下1階
◆正面玄関前ガラスケース
・伊能忠敬の人物像
◆大型図書コーナー前ガラスケース
・伊能中図と江戸府内図の展示
・伊能図の概要と歴史
◆黒板展示コーナー
・関連本の展示
◆大型図書コーナー壁面
・測量器具と測量方法
・伊能忠敬の年表

 1枚目:【正面玄関前ガラスケース】
 2枚目:【黒板展示コーナー】
 3枚目:【大型図書コーナー前ガラスケース】

正面玄関前ガラスケース 黒板展示コーナー 大型図書コーナー前ガラスケース